再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職回数での会社の判断


転職回数は少ないほうがいいのでしょうか?

いいえ、必ずしもそうとは限りません。
新興系の成長企業では、転職の基準が比較的ゆるやかです。

転職回数を気にする必要はありません。
それよりも、その人の成果、実績、ポテンシャルをみる場合が多いのです。

職種によっても違いますが、IT系、特にSEにおいては
現在需要(企業側)が大変に高い割に供給(転職者)は少ないので
多少のことには目をつぶって採用されるケースが多いようです。

年齢が40代以降ならば、5年おきに1社ずつ転職という程度なら
多いという判断はされないでしょう。
しかし、20代であればネックになる可能性はあります。


タグ:転職 求人 IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69375125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。