再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

ヘッドハンティングでの転職



ヘッドハンティングされた経験をお持ちでしょうか?
求人媒体では、最近、スカウトメールが流行しています。
ヘッドハンティングとまではいかなくても、自分にあった求人の連絡がきたことのある方は多いのではないでしょうか。
一方、ヘッドハンターからアプローチがきて、「うちの会社に来ないか」と口説かれた経験のある人は意外と少ないようです。

ヘッドハンティングをされる人とは、どのような人なのでしょうか。

多くの会社から「うちに来ないか」と声をかけられる人の特徴は何でしょう?
スカウトされる市場価値の高い人材には、特徴があります。

@ 企業の求人倍率が高く、希少性の高い職種の人
システムエンジニア、経理、財務、法務、人事などの専門職の人が該当します。
人材の人数が少なく、売り手がやや強い立場である職種です。

A 同じ年齢の中で、パフォーマンスレベルの高い人
例えば年齢が28歳の場合、同じ28歳でも、実績はかなり差があるものです。
他の人よりも実績が明らかに秀でている人は噂も広まりやすいのです。
必然的に、声がかかりやすくなります。

B 情報を発信している人
意外かもしれませんが、ビジネス雑誌に登場している人です。
そういう人には、スカウトの電話がどんどんくる可能性があります。
また近年では、ブログによって有益な情報を発信している人にスカウトがかかる場合もあります。
情報を発信していることは、重要な要素のひとつと言えるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。