再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職先での人間関係を築き上げるには A



転職先で人間関係を築く その2
『早く仲良くなりたいという気持ちは相手も同じ』

転職者を迎える側の同僚は、転職者の緊張をほぐし、打ち解けやすい環境を作りたいと思っています。
しかし思いとは裏腹に、仕事の打ち合わせなど、何かきかっけがないとなかなか声をかけられないものです。

そんな状況のとき、転職者が、与えられた仕事に没頭して近寄りがたいオーラを出していると、ますます声をかけ難くなります。
そうなってしまうと、「周りの誰も自分に気をかけてくれない」と、被害妄想が膨らみがちです。
疎外感に陥ってしまうことにもなるでしょう。

そういった状態も、通常は入社して3日経てば解消されます。
しかし、1日でも早く同僚と打ち解けたいと思うなら、転職者自ら声をかけましょう。

昼休みに同僚が食事に出かける時や、仕事を終えて退社する時に、「ご一緒してもいいですか」などと声をかけてみるとよいでしょう。
同じ会社で働くことになった以上、入社したその日から同僚達も仲間意識があるのですから、断られることはまずないはずです。
昼食を食べながら家族のこと、趣味のことなど、会話に交わって、すぐに受け入れてもらえるようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。