再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職先での人間関係 A



転職者である自分の事を探るような周囲の目が気になる』 その2


もし会社に入社して何日も経過しているにもかかわらず、周囲の視線が気になってしまうなら、転職者自身が相手を近寄らせない雰囲気を醸し出しているのかもしれません。
転職先の同僚との関係は、ライバルというよりも、一緒に仕事する信頼すべき仲間と考えるべきです。
まずは転職者自ら歩み寄り、彼らに自分から声をかけていきましょう。

きっかけは、どんなことでもいいのです。
仕事で自分が分からないところを聞くという形でも良いでしょう。
転職先では、自分から積極的に話しかけてみましょう。
その後、何度か会話した人に、昼休みに食事に出るときにでも一緒に連れて行ってもらいましょう。

仕事から離れて話す機会を持てぱ、「どこに住んでいるの?」「家族は何人?」「何が趣味?」という会話が自然に交わされます。
一人でもいいのでうち解けて話せるようになれば、あとはその人から『友達の輪』を広げていくようにします。
前向きにいきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。