再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職先での人間関係 @



転職者である自分の事を探るような周囲の目が気になる』 その1


転職してしばらくの間は、自分は周囲にとっては異端者です。
自分と机を並べる同僚からも、「こいつはどんなヤツなのだろう」という探りの目で見られるものです。
それは仕方がないことです。

そのような視線に気をとられていると、居心地の悪さが増しますね。 しかし、同僚のほとんどは、転職者の能力を試すような視線で見つめているのではありません。
転職者が一日でも早く会社に慣れて、仲間になって欲しいと思っているものです。

彼らにしてみれば、「わざわざ自分から声をかけて、あなたに嫌われたらいやだ」と心の中で思い、あなたに遠慮しているのかもしれません。
そういうものです。

転職したばかりの時期は、誰しも神経質になりがちですが、プラス思考で乗り切りましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。