再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職先での仕事の度量 A



転職先での仕事上の問題 その2
 『いきなり自分の技量では余る仕事を頼まれた』


転職先で仕事に慣れるまでは、簡単にできる補助的な仕事が中心になるでしょう。
しかし時には、これまでに経験したことのないような難しい仕事を頼まれることもあります。
また、ひとつひとつの作業は簡単でも、残業しなければこなせない程の大量の仕事を与えられることもあります。

このようなことをする理由の一つは、転職者の技量や問題解決の方法を確認するためです。
転職者が途中でその仕事を投げ出さない意気込みを持っているかを、試しているのです。
高度な仕事では、会社としては、それを完遂できなくても構わないと考えているはずです。

問題は、その仕事を転職者に与えたときの反応です。
・最初から「できない」とお手上げ状態になってしまうのか
・いろんな道具を駆使して情報を収集し、周囲に教えてもらうなりしてその仕事をやり遂げようと努力をするか

ですから、手に負えないと泣き言を言わずに、残業や休日出勤をしてでもやり遂げる意欲を見せましょう。
タグ:転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。