再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職先でのトラブルの対処法 @



転職先でのトラブル その1
 『仕事がなくてヒマである』


転職してから2〜3日で大切な仕事を任されることは、まずないでしょう。
仕事に必要な資料や図書に目を通すよう指示されたり、メインの仕事をする社員の補助を頼まれる程度でしょう。

転職者は仕事の進め方や社内のルールを知らないし、周囲との会話もとれないまま、勝手に行動をされるのは困る」というのが、会社の考えです。
転職者の仕事の能力も、応募書類や面接を通じて一応の判定はつけたものの、実際には、まだその転職者を把握していないわけですから、当然のことですね。

入社して1週間くらいは、その会社での仕事の進め方を覚えたり、同じ部署で共に働く同僚との人間関係を築き上げるための時間だと考えておきましょう。

その間に、自分の配属先以外の部署や施設の配置なども覚えておきたいところです。
しかし、転職者が一人で歩き回ると不信人物に見られてしまうことがあります。
上司か同僚、あるいは人事担当者と共に行動するようにしましょう。
このときに、各部署の所属長に会わせてもらえるかもしれません。
自分が仕事をする時には、このことが大いに役立つでしょう。
タグ:転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。