再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職回数での会社の判断


転職回数は少ないほうがいいのでしょうか?

いいえ、必ずしもそうとは限りません。
新興系の成長企業では、転職の基準が比較的ゆるやかです。

転職回数を気にする必要はありません。
それよりも、その人の成果、実績、ポテンシャルをみる場合が多いのです。

職種によっても違いますが、IT系、特にSEにおいては
現在需要(企業側)が大変に高い割に供給(転職者)は少ないので
多少のことには目をつぶって採用されるケースが多いようです。

年齢が40代以降ならば、5年おきに1社ずつ転職という程度なら
多いという判断はされないでしょう。
しかし、20代であればネックになる可能性はあります。


タグ:転職 求人 IT

転職回数が多いと致命的?


もしあなたが4回以上転職をしていたなら、どうすればよいのでしょうか。

面接担当者の考えとしては「自社で3年程度は勤務をするだろうか?」
という心配が出てきます。

ですから転職理由がある程度もっともな理由である必要があります。
また、貢献できる仕事の技量で十分なアピールが行なえるなら
回数の非を回避することができるでしょう。

もし退職することになっても、年単位でしっかり働き、その間は十分に
仕事に貢献できることをアピールするなら納得してもらえるものです。

人事部の入社を希望する場合は、成功する人事の発掘技量があるかを
その場で判断するのは大変難しいものです。
早期退社などを減点対象とする仕事では目立ちやすいでしょう。

どうしてもリスク回避型の考えになりがちです。
ですから自分を採用することでのメリットと、安全性(今回は長期で
しっかり働く決意をしている旨)を十分に伝えることが必要です。

人間はそもそもが「一貫性」のある人を重視する傾向にあります。
業界も職種も変更する場合はそのことも十分に考えて結論を出しましょう。



タグ:転職 就職 会社

転職での失敗


転職して新しい仕事に就きたい…。

転職の理由として多いのは、以下のような、会社に対する不満です。
 ・会社の経営方針に不満
 ・給与の額などの勤務条件に不満

それと同じくらい多いのが、以下のような理由です。
 ・仕事にやりがいを持てない
 ・自分の能力を十分に発揮できない
 ・自分の適性や専門性を活かせない
仕事と自分の「能力」「適性」「志向」との相違感ですね。

どのような理由であったとしても、新しい仕事に就くことにより
それまで不満だった部分が解消されれば幸いです。

しかし現実では、再就職を果たしたものの、転職先で前の会社と
同じ悩みを抱えてまた同じ理由で離職してしまう人は後を絶ちません。




転職失敗の理由


転職失敗の理由 その1
『転職先の仕事や会社に関する情報収集や研究が不足していた』

会社の経営方針や給与体系などは、求人情報やホームページ上の会社案内から
簡単に情報を入手できます。

分からない点は、面接時に直接確認することもできます。

しかし、なまじ社会経験があるために自分の知識やイメージが先行して
せっかくの情報を生かさずに転職先を選んでしまってはいませんか。


転職失敗の理由 その2
『自分自身の分析で自分自身を見つめ直すことをしていない』

・仕事とは、自分にとって何なのか
・自分にはどのような能力がどのくらい備わっているのか
・自分はどのような働き方をしたいと思っているのか
・将来的に自分はどうありたいと思うのか

大切なのは、自分と仕事との関わりについて明確な指針を持つことです。
それができれば能力とかけ離れた仕事を目指したり、志向が合わない仕事に就く
という失敗はないはずです。



タグ:転職 雇用 就職

自分を見つめ直すとき


転職に対する考え方は、この20年で大きく変わりましたね。
80年代前半には、転職は今ほど普通のことではありませんでした。

転職すると給与が下がってしまうことが多く、退職金額は勤続年数に比例しました。
そのため、その会社の仕事が自分に向いていなくても辞めずに続けた方がいい
という考えが主流でした。

自分がやりたい仕事を求めて転職する人を「青い鳥症候群」非難することが
流行ったりもしました。

「最低3年その会社で我慢すれば仕事に面白みが見えてくるはずだ」などと
早期の転職を諫める人がほとんどでした。

しかしながら近年、雇用状況は大きく変わっています。

企業側は『終身雇用』を捨て去り、その時々に必要なだけの社員を雇用する
という効率追求型経営に変わりました。

社員が「定年まで働きたい」と思っていても、会社をとりまく環境次第で
それができなくなっているのです。

このように過酷な状況の下、いつ会社から見放されたとしても納得できる仕事を
確実に保てるように準備しておく必要がわたしたちの側にあります。

社会経験の長さや年齢に応じて、社会的に必要とされる技術を身に付けなければ
いけません。

わたしたち一人ひとりが人材としての価値を持ち続けていかなければいけないのです。

このような時代背景を考え、これからの仕事選びに大切なことは何でしょうか。

 ・自分の志向と一致しているか
 ・能力的に自分は適応できるか
この2点をチェックすることが大切です。

自分に合っていない仕事や好きではない仕事でも、何とか我慢をしていれば
食べていくだけの収入は得ることできるでしょう。

しかし頑張れない仕事に就いていたのでは、生きていくうえでの楽しみもなく
その収入すらいずれ失うことにもなりかねません。

それに対し、自分の好きな仕事や自分に合う仕事なら辛いことがあっても我慢でき
必要な知識を吸収する意欲も持続できます。

努力を継続して経験を重ねることにより、仕事の技術や知識が高まり
キャリアの幅と奥行きを広げられるからです。

転職を考えるときは、自分を正直に見つめ直すときでもあるのです。



タグ:転職 就職 雇用

転職を考える @



転職するとしたら、どちらを選びますか?
 「仕事は楽しくはないけれど、給与が上がる」
 「給与は下がるけど、仕事は楽しい」

給与・待遇面以外の要素を重視して転職する人が、近年増加の傾向です。
以前は、企業規模で安定性や将来性を判断することができました。
また、長く勤めていけば収入も右肩上がりに増加しました。

しかし現在は、大手企業に勤めているからといって安心できません。
同じ会社に在籍し続けても、成果主義の評価制度に変わったために、収入格差が生じる時代です。
そんな環境の中、人が企業を選ぶ基準は実に様々になってきました。

自分にとって、仕事で収入以外に得られる「幸せ」や「満足」とは何でしょうか。
よく考えてみましょう。
タグ:収入 給料 転職

転職を考える A



転職を決める前に、「自分は仕事をしている中で、どういうことで満足感を得るのか」を探ります。

「勝ち組」や「負け組」などと言われていますが、
    「高収入」+「ステイタス」=「勝ち」
というわけではないはずです。

人生を楽しく有意義に過ごせている人こそ、本当の意味で「勝ち」なのではないでしょうか。

転職を考えるのは、現在の会社と仕事に何らかの「不満」がある場合がほとんどですね。
ところが、「今の状況から逃げたい」からといって転職先を探してみても、自分が本当に満足できる転職にはつながりません。

これまでに自分が経験してきた仕事で、どういうところが楽しいと感じたかを思い出してみましょう。
目の前の仕事を、どう変えれば自分は幸せになれるのかを考えてみましょう。

考えた先に見えてきたものが『転職』であれば、迷う必要はありませんね。
タグ:転職

転職の目的 @



転職というものは、自ら新しい環境の中に飛び込んでいく行為です。
転職先での仕事環境や人間関係にうまく溶け込むことができれば、その転職はあなたにとって成功したことになります。
転職を成功させるために、どんな点に注意していくべきでしょうか。

転職した目的を再確認する』

転職は、現在置かれている状況よりもよい環境を自分で作っていくための手段です。
転職を決断したのは、会社の経営方針、仕事内容、人間関係など、何らかの不満があってのことでしょう。
もし転職先でも前の会社同様の不満が発生するなら、その転職はあなたにとって成功とは言えません。
ですから、転職先を選ぶに当たって、様々な視点からチェックすることが大切です。
タグ:転職

転職の目的 A



転職希望者の会社や仕事への不満は、ときには自分自身が原因で起きていることがあります。

例えば以下のような点です。
 ・言動に慎重さを欠いている
 ・仕事でミスをする
 ・同僚間でのトラブルを招いてしまう
 ・積極性が足りなくて周囲から評価されない
 ・自分が求める仕事を任せてもらえない
 ・給料が上がらない

このようなことが不平不満の原因になっていき、転職を希望することが多いのです。
ですから、自分が会社や仕事に不満を感じたのはなぜか、自分の勤務態度や日頃の言動に問題点はないかを反省してみましょう。
その問題を整理することで、あなたが転職を希望する目的がはっきりします。
転職を自分のチャンスへ変える、行動の指針となるのです。
タグ:転職

ヘッドハンティングでの転職



ヘッドハンティングされた経験をお持ちでしょうか?
求人媒体では、最近、スカウトメールが流行しています。
ヘッドハンティングとまではいかなくても、自分にあった求人の連絡がきたことのある方は多いのではないでしょうか。
一方、ヘッドハンターからアプローチがきて、「うちの会社に来ないか」と口説かれた経験のある人は意外と少ないようです。

ヘッドハンティングをされる人とは、どのような人なのでしょうか。

多くの会社から「うちに来ないか」と声をかけられる人の特徴は何でしょう?
スカウトされる市場価値の高い人材には、特徴があります。

@ 企業の求人倍率が高く、希少性の高い職種の人
システムエンジニア、経理、財務、法務、人事などの専門職の人が該当します。
人材の人数が少なく、売り手がやや強い立場である職種です。

A 同じ年齢の中で、パフォーマンスレベルの高い人
例えば年齢が28歳の場合、同じ28歳でも、実績はかなり差があるものです。
他の人よりも実績が明らかに秀でている人は噂も広まりやすいのです。
必然的に、声がかかりやすくなります。

B 情報を発信している人
意外かもしれませんが、ビジネス雑誌に登場している人です。
そういう人には、スカウトの電話がどんどんくる可能性があります。
また近年では、ブログによって有益な情報を発信している人にスカウトがかかる場合もあります。
情報を発信していることは、重要な要素のひとつと言えるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。