再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

企業に自由に質問する機会


転職フェアは様々な人材関連企業が主催しています。
内容やスタイルはそれぞれの企業によって個性があります。

しかしほとんどの場合、
「フェア会場内に企業ブースを出展して来場者と直接対話をする」
という形です。

転職フェアに参加するとどのようなメリットがあるのでしょうか。


まず第一に、企業と対等な立場で聞きたいことを質問できるという
メリットが挙げられます。

「応募するのはまだちょっと…。でも企業の人と話をしてみたい」
と思うことがありますね。

のれらのフェアでは企業に応募する前に企業担当者と話せます。

面接になると「試されている」という感覚で緊張してしまいますよね。
そのため聞きたいことも聞けないということがよくあります。

フェアなら何でも気軽に質問できるでしょう。



タグ:就職 求人 企業

転職フェアの利用法


転職フェアでは、企業サイトや広告ではわからない企業の雰囲気を
つかむことができます。

企業ブースで会話をする相手は、人事担当者とは限りません。
現場の担当者かもしれません。
もしかしたら入社後に自分と一緒に働く人であり、企業の生の声を
聞ける場合もあります。
職場の雰囲気や企業風土など、何かを感じとれるでしょう。


転職フェアでは、一日にたくさんの企業を見ることができます。

会場には、数十社、数百社の企業が集まります。
情報収集の効率がとても良いというのは、言うまでもありません。
自分が話を聞きたい企業ブースで話を終了した後に、たまたま立ち寄った
企業の担当者と意気投合するかもしれません。
思いがけない運命的な出会いもあるのです。


フェアに参加した人の感想の中に「たくさんの企業と話して、自分の
考え方や進みたい道がはっきりした」という声がありました。
情報収集の場としてだけではなく、自己分析する一手段としても活用
できそうですね。



タグ:企業 求人 就職

転職フェアで自己アピール


転職フェアのメリットは、たくさんの企業担当者と会って話を聞くこと
だけではありません。

書類上ではハンデがある人でも「人物」をアピールできる場です。

希望している企業で求めている条件に対し、自分は「経験年数が浅い」
「技術が未熟」「分野が異なる」など、書類選考で通過が難しい人にとって
企業担当者に直接会える転職フェアは絶好の機会です。

自分の「人物面」をアピールすることができるからです。
経験や技術よりも「人当たりの良さ」「誠実さ」「素直さ」「コミュニケーション力」
を重視する企業はたくさんあります。

ここで行われる面談は「面接」や「選考」ではありません。
しかし良い印象を残すことができれば、後日その会社に応募した際に
書類選考通過の確率が高まるかもしれません。

思い切って自己アピールしてみましょう。




転職フェアを活用する


フェア活用法
『キャリアカウンセリングを受講でき、転職ノウハウを教えてくれるコーナーもある』

会場には求人企業のブースの他に、キャリアコンサルタントに相談できる
コーナーが設置させています。
「職務経歴書の書き方」「面接対策」などのノウハウを学ぶこともできます。
ぜひ活用してみてください。


フェア活用法
『来場者たちの姿を見て刺激を受け、仲間ができる』

求人企業だけではなく、転職を考えている大勢の人が集まります。
「キャリアアップをしたい」
「新しいことに挑戦したい」
「自分の意思が弱くて行動へ移すことができない」
「自分をどうしても変えたい」
このような考えをもっている人が多いものです。
他の来場者たちの姿を見て刺激を受け、モチベーションも上がるでしょう。

企業ブースでの順番待ちの時や休憩コーナーなどで、他の来場者に声を
かけてみましょう。
「仲間」を作ることができ、プラスになるはずです。



タグ:転職 就職 面接
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。