再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職先での人間関係 @



転職者である自分の事を探るような周囲の目が気になる』 その1


転職してしばらくの間は、自分は周囲にとっては異端者です。
自分と机を並べる同僚からも、「こいつはどんなヤツなのだろう」という探りの目で見られるものです。
それは仕方がないことです。

そのような視線に気をとられていると、居心地の悪さが増しますね。 しかし、同僚のほとんどは、転職者の能力を試すような視線で見つめているのではありません。
転職者が一日でも早く会社に慣れて、仲間になって欲しいと思っているものです。

彼らにしてみれば、「わざわざ自分から声をかけて、あなたに嫌われたらいやだ」と心の中で思い、あなたに遠慮しているのかもしれません。
そういうものです。

転職したばかりの時期は、誰しも神経質になりがちですが、プラス思考で乗り切りましょう。

転職先での人間関係 A



転職者である自分の事を探るような周囲の目が気になる』 その2


もし会社に入社して何日も経過しているにもかかわらず、周囲の視線が気になってしまうなら、転職者自身が相手を近寄らせない雰囲気を醸し出しているのかもしれません。
転職先の同僚との関係は、ライバルというよりも、一緒に仕事する信頼すべき仲間と考えるべきです。
まずは転職者自ら歩み寄り、彼らに自分から声をかけていきましょう。

きっかけは、どんなことでもいいのです。
仕事で自分が分からないところを聞くという形でも良いでしょう。
転職先では、自分から積極的に話しかけてみましょう。
その後、何度か会話した人に、昼休みに食事に出るときにでも一緒に連れて行ってもらいましょう。

仕事から離れて話す機会を持てぱ、「どこに住んでいるの?」「家族は何人?」「何が趣味?」という会話が自然に交わされます。
一人でもいいのでうち解けて話せるようになれば、あとはその人から『友達の輪』を広げていくようにします。
前向きにいきましょう。

転職先での人間関係を築き上げるには @



転職先で人間関係を築く その1
『仕事では歳の差は割り切って対処しよう』

成果主義や実力主義が世間に浸透しています。
それにつれて、役員も年齢や性別に関係なく、能力次第で決まるようになってきました。
転職した場合、自分より年下の上司がいるかもしれません。
逆に、自分より年上の社員を部下として配属されることも、当たり前になってゆくでしょう。
ベンチャー企業では、創業時のメンバーとして、自分より年下の人が経営陣の一角を担っているということはよくあります。

転職先で年齢差を意識し過ぎるなら、相手との関係がギクシャクしてしまいます。
そうならないよう、「仕事上の関係だけの上司と部下」と考えましょう。

しかし、上下関係ばかりを意識しすぎて、妙に卑屈になってしまうことも避けなければいけません。

転職先での人間関係を築き上げるには A



転職先で人間関係を築く その2
『早く仲良くなりたいという気持ちは相手も同じ』

転職者を迎える側の同僚は、転職者の緊張をほぐし、打ち解けやすい環境を作りたいと思っています。
しかし思いとは裏腹に、仕事の打ち合わせなど、何かきかっけがないとなかなか声をかけられないものです。

そんな状況のとき、転職者が、与えられた仕事に没頭して近寄りがたいオーラを出していると、ますます声をかけ難くなります。
そうなってしまうと、「周りの誰も自分に気をかけてくれない」と、被害妄想が膨らみがちです。
疎外感に陥ってしまうことにもなるでしょう。

そういった状態も、通常は入社して3日経てば解消されます。
しかし、1日でも早く同僚と打ち解けたいと思うなら、転職者自ら声をかけましょう。

昼休みに同僚が食事に出かける時や、仕事を終えて退社する時に、「ご一緒してもいいですか」などと声をかけてみるとよいでしょう。
同じ会社で働くことになった以上、入社したその日から同僚達も仲間意識があるのですから、断られることはまずないはずです。
昼食を食べながら家族のこと、趣味のことなど、会話に交わって、すぐに受け入れてもらえるようにしましょう。

転職先での人間関係に注意! @



転職先での人間関係 注意点 その1
『特定の人とだけと親しくはしない』

入社当初は、席がたまたま隣り合わせになった同僚と話す機会が多いものです。
また、仕事の分担をしている人ともよく話します。
そこから彼らと仲の良い何人かで酒を飲みに行ったり、プライベートでの付き合いが始まっていくでしょう。

しかし、転職して時間が経過しても特定の数人としか付き合わないでいると、他の社員からは敬遠されてしまいます。
人間関係の輪が広がらないことにもなります。
また、酒の席ではその場にいない同僚や上司のうわさ話や、非難の声が出たりしますから、そんな話を聞いて誤った先入観を植え付けられることもあるものです。

同じ職場でも合う人と合わない人がいますから、会社全員と仲良くする必要はありません。
しかし、変な先入観に惑わされることがないように、転職してからしばらくは八方美人になってどこでもいい顔をした方が無難です。

転職先での人間関係に注意! A



転職先での人間関係 注意点 その2
『他人への配慮を忘れずに』

入社したては転職者にはあまり仕事がなく、あるとしても雑用に近いものが多いでしょう。
上司にしてみれば、人事担当者から転職者の情報を得てはいても、その力量がどれほどなのかわからないうちに本格的な仕事を任せることはできません。

だからといって、同僚が忙しくしているのに、終業時間になればさっさと帰るのでは、「気が利かない」と思われてしまいます。
自分の仕事が片づいて手が空いた時には、上司に指示される前に、「お手伝いすることはありませんか」と自分から声をかけましょう。
もしそれが残業になったとしても、嫌な顔をせずに手伝いましょう。

もし、手伝えることがなくて先に帰ることを許される状況だった場合には、「お先に失礼します」と挨拶をしましょう。
そんな気配りができるかどうかで、あなたのその後の人間関係が決まるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。