再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職で受かる職務経歴書の書き方 @



転職希望の会社に受かる職務経歴書の最重要ポイントは、『自己分析』と『PR文』です。
大切なポイントを以下にご紹介します。

転職で受かる職務経歴書
 【受かる職務経歴書の書き方はこれだ!】 その1


(1)論理性
自己PRを結論にします。
理由が文章上で流れになっているのか、間違いのないわかりやすい文章になっているかに注意します。

(2)具体性
抽象的すぎることは厳禁です。
あなたがその会社で働くところを、相手にリアルに想像させることのできる内容にします。

(3)オリジナリティ
具体的なエピソードが、特別なものであることが大切です。
「他人といかに異なっているか」ということです。
もし特別なエピソードがない場合には、体験がごく普通のものであっても、その体験の水準が高いことを説明してからエピソードを添えましょう。

転職で受かる職務経歴書の書き方 A



転職で受かる職務経歴書
 【受かる職務経歴書の書き方はこれだ!】 その2


(4)成功体験
自分が今までの仕事の中で成し遂げた、最も偉大な「成果」の過程を書きましょう。
その過程で使った「力」や「方法」が、転職希望先の企業でも使えると思われるような内容が大切です。

(5)自分の強みと弱み(課題)を書く
自分の強みは、できる限り全てアピールしてください。
しかし、自分の弱みをしっかりコメントできる人は、ほとんどいません。
だからこそしっかりと自分の弱みも明記するのです。
自らの弱みを書くには、「勇気」と「冷静さ」が必要です。
ピーター・ドラッカーが言うように、「弱みのない人間はいない」のです。

転職で受かる履歴書の書き方 @



転職で受かる履歴書
 【受かる履歴書の書き方はこれだ!】 その1


(1)文字が丁寧であること
字が上手である必要はありません。
ゆっくり、丁寧な文字を書いてください。
下手な人でも、問題ない程度のものが書けます。

(2)内容の使いまわしはしないこと
転職志望動機の部分を、どの会社でも使えるような言い回しで書いてはいけません。
見る人が見れば、すぐにバレます。

(3)誤字、脱字を防ぐために推敲を重ねること
誤字や脱字が心配な人は、信頼できる人に履歴書をチェックしてもらいましょう。
絶対に修正液を使ってはいけません。
一文字でも間違えたら、すべて書き直しましょう。

(4)履歴書のレイアウトはスッキリさせること
得意な科目の欄には、転職時にあまり関係のない項目の多いものは書かないようにします。
フォーマットを使用し、パソコンで作成するのも良いでしょう。
転職エージェントを使用した場合には、履歴書が不要になるケースがあります。
転職エージェントが保持しているフォームは、企業側にとって重要な情報が網羅されているので、最適と言えます。
タグ:転職 履歴書

転職で受かる履歴書の書き方 A



転職で受かる履歴書
 【受かる履歴書の書き方はこれだ!】 その2


(5)写真は写りの良いものを使うこと
スピード写真を使用するのはやめてください。
なるべく写りの良いものを使用しましょう。
写真を撮る時の服装は、面接と同じに清潔感のあるものにします。
髪型も、服装と同様の注意が必要です。

(6)写真の作り込みはしないこと
写真を修整してくれるサービスなどもありますが、修整のやりすぎは禁物です。
面接の時に、実物と写真の違いを突っ込まれることもあります。

(7)志望動機は簡潔にまとめること
・その業界を希望したのは、なぜか?
・その会社に入りたいのは、なぜか?
・その仕事を希望したのは、なぜか?
ポイントをまとめて、わかりやすく簡潔に書きましょう。

(8)自己PRは4つのポイントに絞って書くこと
・会社が求めている技量を意識した内容
・自分は他人と比べて、どの部分が行動的に優れているか
・上記2点を補足する具体的なエピソード
・上記2点を補う具体的な数字(○%達成など)


履歴書の書式は、インターネット検索で様々なフォーマットが出てきます。
それを使用して転職で受かる履歴書を書くと良いでしょう。
タグ:転職 履歴書
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。