再チャレンジ転職法   内定獲得プログラム2010   幸せをつかむ転職術

転職の面接で受かる質問 @



転職面接での合否は、質問力によって分かれると言っても過言ではありません。
近年では大手人材派遣会社が、面接力アップセミナーを何度かにわたり開催しています。

面接の最後に面接官から必ず質問されるのが、これです。
 「何か質問はありますか?」

優秀な人であれば、適切かつ的確な質問をします。
そこで今回は、転職面接で受かる質問をご紹介します。

転職面接で受かる質問 その1
 【 転職面接の前に、質問を10個考えていく 】

転職面接で突然、気の利いた質問をするのは、難しいことです。
面接前にその会社に対しての質問を10個くらい考えて行くのがベストでしょう。
考えた10個の質問をメモして、面接会場に持って行きます。
転職面接時にメモを見て質問しても、マイナスになることはありません。

しかし、これは質問時においてだけです。
志望動機や自己PRをする時にメモを見て話すのは、とんでもないことです。
タグ:転職 面接

転職の面接で受かる質問 A



転職面接で受かる質問 その2
転職面接中に好感を持てた内容に対して、追求した質問をする 】

面接で30分間も話を進めれば、必ず興味のある内容があるはずです。 その興味を持った点をもっと知りたいので、内容を具体的に教わりたいといった形で、追及した質問をしましょう。
英文法で学習した5W1Hは、上手に質問するのにとても役立ちます。
「なぜ?」「 どのように?」 などを使って、質問をしてみましょう。
ただし、やりすぎは禁物です。


転職面接で受かる質問 その3
 【 転職面接時にはHPに書いてある初歩的なことは訊かない 】

転職希望会社のHPで書いてある「売り上げ」「社員数」「サービス内容」などは、前日までに必ず目を通してください。
会社のHPに掲載されている内容に目も通さず、転職面接で初歩的な質問をすることは、相手に大変失礼です。
しかし、「HPに書いてある内容をもっと知りたい」と言って質問をすることは、大変良いことです。
面接官も気を好くするでしょう。
タグ:転職 面接

転職面接は質問力で突破する @



転職面接での質問のポイント その1
 【 IR情報をよく見てから面接会場へ 】

上場企業では、IRをすることが義務付けられています。
IR情報が一般公開されているので、転職面接の前に目を通しましょう。

経理財務、経営企画、金融関連の方は目を通しますが、ほとんどの方は他の職種には目を向けません。
しかし、その目をあまり通さないIR情報には、会社の戦略、業績、マーケットについてのポイントがたくさん書かれています。

転職面接の際にはそこのところをしっかり把握し、質問するようにしましょう。
印象深くなること間違いなしです。
タグ:転職 面接

転職面接は質問力で突破する A



転職面接での質問のポイント その2
 【 中途採用で入社して活躍するタイプを具体的に訊いてみる 】

転職面接の際にこの質問をすることにより、あなたのやる気を見せることができます。
なおかつ、あなたにとってとても大切な情報も手に入ります。

その会社に最近入社した中で、活躍していくタイプやパターンを把握する。
これで、その会社が欲しい人のイメージも膨らむはずです。
そのタイプが自分に近いと思えば、面接時にその類似点を話してみるのも効果的でしょう。


転職面接での質問のポイント その3
 【自分はその企業から見てどのような印象だったのかを質問する】

転職面接時のこの質問は、「第二新卒の人」と「面接があまり良くできなかった人」に効果があります。
この質問をすることで、自分が客観的にどう見られているのかを知ることができます。

「今後の自己研鑽に結び付けたい」と言って、成長意欲をアピールしましょう。
あなたにとっても、面接官に厳しく言ってもらったほうが、今後の成長につながります。
タグ:転職 面接

転職面接は質問力で突破する B



転職面接での質問のポイント その4
 【 面接官がこの会社に入った志望動機をきく 】

転職面接官もそもそもは、新卒または中途でその会社に入社したはずです。
志望動機を、逆にこちらから聞いてみるという手があります。

面接官も自らのことを話すので、回答がリアルになります。
会社の話がはずむこともあります。

しかし、あくまでも面接中ですから、質問ばかりしていては違和感があります。

転職面接時に質問をたくさんすることや、ひとつの話題を深く聞くことは、あなたのスキルの一つでもあります。
そして、その会社に対して情熱があることをアピールできます。
これは面接のときに限らず、営業の時も同じでしょう。
タグ:転職 面接

転職の面接で「退職理由」をきかれたら @



転職が初めての人で、面接を緊張することなくこなせる人は、なかなかいないでしょう。
 「緊張しているのに、答えを返しにくい質問をされたら…」
 「本音を話したら評価が下がるかもしれない…」
 「でも嘘をつくわけにはいかないし…」

頭の中に色々なことがめぐり、しどろもどろの返答になりがちです。
転職面接でとっさに出た返答によっては、面接担当者の心証を損なう恐れも多々あります。
『聞かれては困る質問』を、あらかじめ考えておきましょう。
そして返答の練習するのです。

転職面接で必ず聞かれる質問は、これです。
 「どうして前の会社を辞めた(辞めようと思っている)のですか?」

これについて対策を考えてみましょう。
タグ:転職 面接

転職の面接で「退職理由」をきかれたら A



転職面接で、企業が「退職理由」を聞く理由は何でしょうか。
まずは、なぜ面接担当者が
 「どうして前の会社を辞めた(辞めようと思っている)のですか?」
という質問をするのかを理解しておきましょう。

理由 その1
【また前の会社と同じ理由で辞めてしまうことはならないだろうか?】

理由 その2
【退職のきっかけになった不満を、自社によって解消できるのか?(自社に入社して、この人は幸せになれるのか)】

転職希望者が、退社の理由を「残業が多くて体力がもたない」と語ったとしたらどうでしょうか。
もしもその会社も残業が多ければ、面接担当者が「この人はうちの会社に来るべきではない」と判断するのは当然です。
タグ:転職 面接

転職の面接で「退職理由」をきかれたら B



転職面接で、面接担当者はこう質問します。
「どうして前の会社を辞めた(辞めようと思っている)のですか?」

転職希望者が、「前の会社では人間関係がうまくいかなかった」という微妙な理由を語ったとします。
確かに人間関係での悩みは、転職することで環境が変わり、解消できるように思えるでしょう。

実は、この理由が転職理由としては最も多いのです。
しかし、簡単に口にしてはいけません。
人事担当者が「うちの会社はアットホームで、みんなとても仲がいいから大丈夫ですよ」なんて親交的な反応をしてくれると思ったら大間違いです。

ほとんどの人事担当者は、こう考えます。
「人間関係の悩みは、どこの職場でもあるはずだ。この人は、人間関係がうまくいかないと逃げ出してしまう人なのか」
あまり良い印象を与えないことは明白です。

転職希望者は、「本当に人間関係が原因であり、それ以外の原因はない」と思うかもしれません。
しかし、少し応答の表現を変えることにより、同じ内容を話していても印象を変えるようにしましょう。
タグ:転職 面接
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。